B.O.K.S

南船場にOPENした『B.O.K.S (ボックス)』=『自分らしい箱、世界観』 MEN'S、LADY'S共にヨーロッパ中心のインポートアイテムから古着、アクセサリー、シューズ、オーダーアイテムまで幅広くご紹介させて頂きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


    --/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告

DENTS

DSC01552.jpg

メンズ、レディース共に『DENTS (デンツ)』のレザーグローブ入荷しました。
今回はプライスもお手軽なスウェードレザーのグローブの入荷となります。
内側はフリース地となっており、保温性も高く、末長くご愛用いただける事でしょう。
普段のカジュアルなスタイルから、スーツスタイルまで幅広くご使用いただけます。
デンツの手袋は、革の選定、裁断士によるカッティングなど 個々の異なる技術を持つ職人たちの手により、30余りもの工程を経て作り出されます。ペッカリーに代表されるやわらかいなめし革は、手を包み込むようにフィットします。デンツの手袋の高いフィット感は手袋をしたままで小銭入れから小銭を取り出せるとさえ言われています。

DSC01553.jpg

ご自分用に、プレゼントとして、いかがでしょうか?

お問い合わせは
『B.O.K.S (ボックス)』
大阪市中央区南船場4-10-20
グランドメゾン西心斎橋308
TEL:06-4963-9077

B.O.K.S ORDER COLLECTION
http://boks0116.blog98.fc2.com/

『DENTS (デンツ)』
世界最高峰の手袋として紳士たちの憧れであるデンツの歴史は古く、1777年にまで遡ることができます。ウースター大聖堂で知られる英国のウースターという町でジョン・デントによって創業します。息子であるジョン・デント・ジュニアとウィリアム・デントも15歳のときより7年間にわたり父ジョン・デントのもとで修行し、その後は息子たちの確かな技能によって、デンツの礎が築かれました。19世紀以降になると、高級手袋だけでなく、アクセサリーの大手輸出会社に成長を遂げます。1953年にはエリザベスⅡ世の戴冠式用手袋も手掛ける名誉を授かっています。この手袋はデンツ博物館に特別展示されています。
現在デンツの工場はウィルトシャー州ウォーミンスターという郊外の美しい町にあります。この工場では昔と変わらない手袋作りが行われ、一組の手袋を作るのに32もの工程を経てようやく完成します。各工程が終わる毎に注意深く検査し、もし完璧にできていない場合は不合格とされます。こうして厳しい検査を通過したもののみデンツの手袋となるのです。
このデンツの手袋の特徴であるフィット感は、マスターカッター(親方裁断士)の技術と経験によるところが大きく、長年の訓練修行から生まれたカッターの確かな目と、革を注意深くシェーピング(形作り)し伸ばしていくことが最終のフィット感に影響します。その感触は「手袋をしたまま新聞をめくることができる」といわれるほどです。
また使われる型紙は1839年から続くもので、20サイズが用意されています。縫製は熟練したお針子が手もしくは機械で縫っていきます。縫製方法は大別すると2種類あり、縫い目が表から見えないインシーム縫製と、合わせ目が外に出ているブリックシーム製法があります。インシーム製法にはシルクのライニングが使われ上品な雰囲気に仕上がります。一方のブリックシームは重い革のときによく用いられ、カジュアルな雰囲気が特徴です。こちらは紳士たちから人気のあるペッカリーの手袋の縫い方で、ライニングには保温性に優れるカシミアが用いられます。(ノンライニングのタイプもあります。)
ペッカリーは南米高地に棲息する猪に似た動物で、古くからデンツの手袋に使われてきました。着用してみると非常に伸縮性に優れ、独特の柔らかさと風合いがあります。ペッカリーの手袋といえばデンツといわれるほど、長年堅持してきた高品質によって絶対的な信頼を得ています。
スポンサーサイト


    2008/10/09(木) 15:29:37| item | トラックバック:0
  1. | コメント:0
<<kepani | ホーム | ORDER SUIT>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://boks0825.blog118.fc2.com/tb.php/146-ea630259
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。